転職キャプテンIT

当サイトはITエンジニア・SEのための転職入門サイトです。転職のプロ「転職キャプテンIT」があらゆる転職の悩みをすっきり解消します!

SEやITエンジニアは中小企業から大手企業に転職するのは無理?

2018/01/22


「SEやITエンジニアは中小企業から大手企業に転職するのは無理?」キャプテンITに聞いてみたの巻

IT業界は、中小企業の裾野が広い業界で、中小企業と大手企業では、その経営体力の差から、待遇面に大きな違いがあります。
エンジニアとしての一生のキャリアを考えると、中小企業で技術を磨けたとしても、いずれは大手企業で安定した生活も手に入れたいですよね。

実は、人材の流動性が高いIT業界では、中小企業から大手企業へ転職を果たした方もたくさんいらっしゃいます。では、転職に成功する人、失敗する人を分けるポイントはどのようなところにあるのでしょうか?

そこで、今回はSE/ITエンジニアが中小企業から大手企業に転職するうえで、求められる役割必要なスキルを徹底分析。転職を成功させる方法を探っていきたいと思います。

中小企業と大手企業で求められる役割の違い

今回は「中途で中小企業から大手企業などに転職したい場合、どうすればいいか?」というお話です。
ちなみにこれ、SEやITエンジニアの中には「ほとんど無理」だと思っている人もいると思うんですが、実際どうなんでしょうか?

結論から言うと無理ではありません。大手企業への転職は中途でも可能です。
まず、中小企業から大手企業に転職すると、SE/ITエンジニアに求められる役割が変わってきます。その主なポイントを解説しましょう。

技術力<技術者を使いこなす力>

まず一点目が、一介のエンジニアとして転職するのではなく、メンバーを管理するプロジェクトリーダー(PL)、プロジェクトマネージャー(PM)として転身する例が非常に多いです。

従って、ご自身のコーディングスキルなどの良し悪しが重視されるのではなく、協力会社の技術者や海外のオフショアの開発拠点などを「管理」する。技術者のスキルを見極めて、必要に応じて使いこなす力が求められます。

そのため、必要なスキルとしては、リーダーシップの他に、プロジェクト全体の業務を管理できるマネジメント能力数字に強いといった素養を求められる場合もあります。

メンバーや外注業者との連携が大切ですからね!管理能力が必要なんですね~。ふむふむ

顧客対応力

次に、大手企業はよりエンドユーザーに近い立場で仕事をする点、他の大手企業のベンダーとのコンペに打ち勝ち、自社が提案したソリューションを実現させることができる顧客対応力がもとめられます。

これは単に顧客のいう事を忠実に聞く、ということではありませんよ。
顧客の業務課題を分析し、時には顧客自身が気づいていない問題を発見し、それらを含めてITを使った業務改善の提案力を構築していく、「問題解決をまとめ上げていく力」、そしてそれを効果的にプレゼンテーションしていく力が求められます。

プレゼンですか…。僕にはちょっと難しそうだなぁ…。

コミュニケーション力

これらの上記2点を下支えするベーシックなヒューマンスキルは、顧客や自社の関係部門との円滑なコミュニケーション力です。
これは、いつも笑顔でみんな仲良くということではなく、顧客の課題解決実現に、チームワークを発揮して、みんなが円滑に動けるように気配りをする力という意味です。

これはなんとなく分かります。コミュニケーションが取れない上司とかクライアントにあたると全然仕事が進まないんですよね。

資格は必要か?

こうした業務経験やヒューマンスキルは、中小企業では多くの場合、残念ながら一部分しか経験を積むことができません。そこで、資格による補強も時には必要となります。

代表的な資格は、IPAが主催するプロジェクトマネージャ試験国際資格のPMPなどがあり、いずれも難関ですが、若手エンジニアならば、持っているだけで転職の大きな武器になりますから、自身のスキルのブラッシュアップのために勉強してみるのも手です。

なるほど。資格も有効なんですね!

中小から大手への転職のポイント

必要な役割の違い・スキルはなんとなく分かりましたが、大手企業への転職のポイントをもう少し詳しく教えてください。

まず、中小から大手へ転職を成功させるには、しっかりした転職戦略が必要です。
構築するうえでのポイントを、転職の流れに沿って解説していきます。

お願いします!

転職準備編

まず、これまでのスキルを棚卸しして、前に述べた大手企業がSE/ITエンジニアに求める役割、スキル、経験等に合致する経験がないか、振り返ってみましょう。

ここで重要な点は、

①どんな小さな経験でも、抜け漏れなく細かく振り返ってみること
②完璧にこだわり過ぎない

という点です。
特に、小さな経験という視点では、今まで受講していきた研修や独学で学んだスキルといったものも、忘れずに取り込んでおきたいところです。

もし、大手企業に合致する経験やスキルがなかったとしても、別の視点からチャンスを作り出すことも可能です。
例えば、業務分析をするうえで強みの業界がないとしても、様々な業界のシステム開発に携わった柔軟性から求める業界の業務分析をすぐキャッチアップできるなどです。

書類編

次に、準備してきた内容を材料にして、履歴書、職務経歴書といった応募書類をブラッシュアップしていきます。

ここで重要な点は、

①ビジネス文書としての体裁をきちんと整えること
②一読して求める人材に合致していることをPRするために分かりやすく書く

という点です。
大手企業では、これまで中小企業での経験と違って、ワードやエクセル、パワーポイントを使ったドキュメント作成という仕事の割合が、大きく増えます。
ビジネス文書のドキュメントをきちんと整えられることは、大手企業ですぐに業務対応できることのアピールになるのです。

また、経験やスキルが不足している人は、熱意をPRするために、別途志望動機書を準備するという方法もあります。

面接編

書類選考に通過して、面接に呼ばれた際、テクニック面とメンタル面から、重要なポイントが1つずつあります。

テクニック面

自分が中小で着実に磨き上げてきたスキルをベースに、大手でも通用する経験やスキルを磨いてきたことをアピールすることです。
例えば、「今まで成功したプロジェクト・失敗したプロジェクトを教えてください」と聞かれたときに、レベルの高い失敗を強調するだけではなく、レベルの高い、前向きな失敗を経験してきたこともしっかり強調しましょう。
時おり、新人時代の分かりやすい失敗をPRする方がいますが、適切なやり方ではありません。
ここで重要な点は、経験を積むにつれ、成功も失敗も「レベルが上がっている」、大手企業のレベルに近づいていることをPRすることが目的です。

メンタル面

自分が中小企業出身だからといって、いたずらに気後れしたり謙虚になりすぎたりしないことです。
そもそも、あなたが面接に呼ばれている時点で、大手企業で活躍できる、基本的な要件は満たしていると認められています。
自分が、大手企業でも活躍できる、プロのSE/ITエンジニアになれる素質と資格があるのだと自信を持って臨んで欲しいものです。

内定・入社交渉編

内定を得て入社交渉をする段階では、最終確認として自分が求めている活躍の場や、待遇面での安定性が図られるのかをしっかりチェックしましょう。

特に、IT企業では企業ごとに労働条件が大きく変わります。
残業ボーナス休暇の内容などです。
人材の流動性が高いIT業界といえど、転職は何度も繰り返せるわけではありませんから、一度転職した場合は、基本的に長く働くことを視野に入れて、遠慮なく質問しましょう。

ありがとうございます!転職準備編、書類編、内定・入社交渉編のポイントを抑えれば大手企業への転職の道が開けそうですね!

中小から大手への転職で使えるサービス

そういえば、大手企業への転職で使えるオススメのサービスとかってありますか?

もちろんありますよ。
ここでは、中小企業から大手企業へ転職するうえで、使える転職サービスについて説明していきます。
前述した転職テクニック・戦略のポイントをしっかり活かしきるうえで重要な点なので、ぜひ押さえてください。

転職サイト

最近では、SE/ITエンジニア専用の転職サイトに大手企業が積極的に求人を出すなど、エンジニアにとって、選択肢は確実に広くなってきています。

転職サイトは、応募書類はレジュメ、スキル面を登録してスカウトを待つという使い方でも良いのですが、直接こちらからアプローチ(応募)できるのが最大の魅力です。

具体的には、リクナビNEXTやtypeといった大手サイトでも良いのですが、greenやFind Jobといった業界特化型の転職サイトも、自分に合った求人条件の絞り込みやスカウトが出来て便利です。

長期的に活動できるのが特徴でもあるので、ご自身のペースに合わせて選択してみてください。

転職エージェント

転職エージェントは、一昔前までは、IT業界に特化した転職エージェントでも、IT業界の経験者は少なく、業務上の理解不足からくる、転職者と求人案件とのミスマッチが課題でした。

しかし、最近では、IT業界のエンジニア出身のキャリアコンサルタントなど、業界経験が長い、業務に対する理解力の高い転職エージェントも出てきて、マッチング力が充実してきました。

数多くのチャンスを作りだすという点では、リクルートエージェントDODAなどの大手総合型の転職エージェントがおすすめですが、自分のスキルや志向にマッチングした求人に絞りたい場合は、中小のIT業界に特化した転職エージェントにも優良な案件はたくさんあります。

転職活動は、活動可能な物理的な制約もあるでしょうから、ご自身のペースに合わせて転職エージェントを選びたいものです。

転職サイトや転職エージェントのサービスを使って、どんどんキャリアアップして行きたいですね!

最後に

もともと学歴などの障壁が少ないIT業界では、実力次第で、「のし上がる」ことはいくらでも可能です。

中小企業から大手企業へステップアップすることも、やり方と工夫次第でいくらでもチャンスはありますし、私自身もいくつもこうしたキャリアアップを実現させてきました。

ただ、そのコツを知っている、知らないとでは、キャリア形成に大きな差が付いてしまいます。今回の記事をよくご覧になって、是非、希望するキャリアアップを実現していただきたいと思います。

-職種

人気の記事

1
SEやITエンジニアの転職サービスってどこがおすすめ? 何がちがうの?

転職サービスには、転職エージェントと転職サイトの2種類のサービスがあります。 転 ...

2
SEやITエンジニアの派遣ってどうなの?メリットデメリットを徹底分析!

みなさんはITエンジニアやSE派遣というと、どういうイメージがありますか? かつ ...

3
SEやITエンジニアが転職エージェントを上手く活用する5つの方法

転職エージェントは、人材紹介ともいわれ、企業の求人情報を転職者に紹介し、また、そ ...