転職キャプテンIT

当サイトはITエンジニア・SEのための転職入門サイトです。転職のプロ「転職キャプテンIT」があらゆる転職の悩みをすっきり解消します!

SEやITエンジニアの派遣ってどうなの?メリットデメリットを徹底分析!

2018/01/22


「SEやITエンジニアの派遣」をキャプテンITに聞いてみたの巻

みなさんはITエンジニアやSE派遣というと、どういうイメージがありますか?

かつてシステム開発の現場では、昔から1つの現場にいろいろな会社から来た人材がいわば相乗りする形で一緒に協力し合って仕事する、というのが日常的な風景でした。

自分の希望に合わせて、多様な働き方が実現できる派遣という仕組みは、ITエンジニアやSEにどんなメリット、デメリットがあるでしょうか。そして、近年の法改正によって今後どのように変わっていくでしょうか。

今回は、ITエンジニアやSEの派遣という働き方に興味がある方のために、派遣のメリット・デメリット福利厚生派遣の現状と未来などを徹底的に分析していきたいと思います。

そもそも派遣ってどんな制度?

今回は派遣という働き方についてなんですが、派遣って自由な働き方が魅力的なイメージがあります。そもそもITエンジニアやSE派遣の制度ってどんなものがあるんでしょうか?

まず、派遣という法律の仕組みは、派遣会社にあなたが希望の条件(時給、勤務時間、勤務地、業種、職種など)を伝えて登録し、希望に合った条件の仕事の紹介を受けて、就業先に派遣されて働く制度です。

つまり残業が少なくて給料がいいところ、とか条件で働けるという事ですか。
ちょっと派遣が羨ましくなってきました。

まあ、そういう条件で働ける会社があればそうなりますね。

派遣には2種類の雇用形態があり、上記のように派遣会社に登録して派遣される登録型派遣(一般派遣)と、派遣会社に社員として採用されて派遣される特定派遣があります。

派遣会社の社員として働くスタイルもあるんですね!

TエンジニアやSE派遣のメリット・デメリット

ITエンジニアやSEが派遣で働くことには、いくつかのメリットとデメリットがあります。両者を比較してみましょう。

お願いします!

派遣のメリット

希望の条件に合ったスキルアップができる

先程も説明しましたが、派遣という働き方は業種や職種、スキルなどの希望に合わせて仕事の紹介があるため、希望の条件に合わせて自分なりのスキルアップをデザインできるところが魅力です。

様々なプロジェクトに携われる

また、派遣社員は、比較的短期的にプロジェクトに関わることが多いため、短期間で様々なプロジェクトに携わり、幅広い業務経験を積むことも可能です。

安定した雇用も可能

また、IT業界の派遣は、前に述べた、いわゆる特定派遣によって働く形態も多いため、この場合は派遣会社の雇用保障のもと、安定した身分を持つことができます。

派遣のデメリット

上流工程へのステップアップが難しい

短期的な人員ニーズとして補充される業務が多いため、ITエンジニアとして目標にするSEが担当するような、上流工程(要件定義、基本設計段階)への業務経験を積むことが難しく、それゆえステップアップも難しいという弱点があります。

一貫性のあるスキルの習得が難しい

幅広い業務経験が積める一方、短期の派遣が多くなると、一貫した深いスキル習得が難しくなる面があります。

なるほど~。
希望の条件で働けて幅広いスキルが身につくけど、ステップアップは難しいという事ですね。

ITエンジニア派遣の福利厚生って?

ところで、ITエンジニア派遣の福利厚生ってどうなってるんですか?

よく聞かれる質問ですが、派遣だから福利厚生が悪い、という事はありませんよ。
「労働基準法」「派遣法」がありますから、他の正社員と変わりません。

そうなんですね!なんとなく福利厚生が良くないイメージがあったので。

でも、福利厚生とは一般に社会保険や教育・住宅補助などの諸手当をいいますが、IT業界は伝統的に福利厚生面が他の業界より弱いのが特徴なんです。

これは、社員が独身の若い男性が中心で、福利厚生のニーズが弱いことや、ITエンジニア派遣の大半を占める派遣会社が中小で占められていることが影響しているんです。

他の業界と比べたら福利厚生は弱いんですね。

ただ、社会保険(健保組合)の福利厚生サービスは、若手のエンジニアの加入者が多いことから、大手のIT派遣会社が加入している健保組合(派遣健保、関東IT健保)を中心に、充実しているところもあります。

なるほど。派遣会社によっても福利厚生サービスが違うんですね。
だったら良いところに登録しておきたいですね。

おすすめの派遣会社

このパートでは、これまで説明してきたメリット・デメリット、ITエンジニア派遣の福利厚生を踏まえて、おすすめする派遣会社を4社選びました。
いずれも、①案件数が多い②社内体制がしっかりしている③大手なので福利厚生がしっかりしている④教育面のサポートがある会社です。

DODAエンジニア

まず、ご紹介する派遣会社は、大手人材派遣会社としても有名なインテリジェンスです。

大手の人材派遣の中でもITエンジニア派遣に積極的で、かつては、自社でエンジニアを育成してから大手SIerに開発エンジニアとして派遣していた、という実績があります。HPによれば、ITエンジニア派遣の34%が、100億円以上の大企業という安定性も魅力です。

大手の中でもIT系企業に強い派遣会社という点が、おすすめするポイントです。

>DODAエンジニア

パソナテック

こちらは、大手人材派遣会社パソナのグループ企業です。
インテリジェンスと異なる点は、機械、電子部品などメカトロニクスといわれる分野での派遣や、ガス会社のシステム監視などの安定したインフラサービスの派遣などに強みがあることです。

また、パソナグループの強みとして、人材派遣だけではなく、BPOなどのアウトソーシングも請け負っており、そのサービスの一環で、複数のパターンで人材派遣が可能なことが挙げられます。
パソナテック

ヒューマンリソシア

ヒューマングループの運営する大手総合人材派遣会社です。エンジニア、技術者向けの派遣に強く、求人も東芝、三菱電機、ジャパンディスプレイ、日立、NTT系(NTTドコモ、NTTコミュニケーションなど)、ソフトバンクなど、メーカー・通信系大手に強いのが特徴的です。

この会社の魅力は、資格学校の教育事業で有名なヒューマングループというバックボーンがあること。
資格支援を中心としたスキルアップ支援が充実しており、他社と比較しても奨学制度講座が充実しています。
ヒューマンリソシア

@TypeのIT派遣

エンジニア向けの転職情報誌で有名だった「type」のIT派遣サービスです。キャリアデザインセンターという転職サービス会社が運営していますが、その事業多角化の一環として運営されています。

もともとIT系の求人情報を中心に扱ってきただけあって、IT、Web系の求人を多く取り扱っており、「type」ブランドを頼って、個性的な求人が集まる傾向があります。

@Type
>@type

ITエンジニア派遣の現状と将来性

ところで、これからITエンジニア派遣ってがどうなるのか気になる人も多いと思うんです。
派遣切りとか聞くじゃないですか。

そうですね。これもよく聞く質問なのでITエンジニア派遣の現状と将来性について解説しますね。

ITエンジニア派遣の現状は?

まず、昔から広く行われてきた特定労働派遣に「常駐」があります。

「常駐」というと、派遣先の会社に出向して働く事ですよね?

そうです。

IT業界では別名「協力会社」という言葉がありますが、業界では非常に古くから、システム開発の現場を中心に派遣というビジネスが定着していました。

開発段階に応じて人数に大きな変動があり、求められるスキルも変わってくるため、柔軟な人員配置が可能な派遣というビジネスに合っていたのです。

また、ITエンジニアは改正前の労働者派遣法では、専門業種の1つ(1号業務といいます)に位置付けられ、他の派遣形態と比べて、特別に長期間の派遣が認められてきました。

派遣会社にとっては、派遣社員が長期間稼働すればするほど利益が上がりますから、おいしい商売であったわけです。

IT派遣エンジニアの将来性は?

ところが、労働者派遣法が改定されて、ITエンジニア派遣に様々な影響を及ぼしつつあります。

①派遣事業を許可制への一本化を図った
②専門26業種を廃止し、1号業務(ソフトウェア開発)がなくなった
③原則として、同一の就業先への派遣期間が最長3年となった
④派遣会社に雇用安定化措置、キャリアアップ等が求められるようになった

労働者派遣法が改定されて、派遣社員といして働きずらい状況になってきたという事でしょうか?

法律の改正によって、おそらく次のような影響が出てくると予想しています。

①中小の人材派遣会社の事業撤退

今回の派遣法改正で、派遣事業の許可に一定の条件が課せられるため、経営体力のない中小のIT派遣会社が事業から撤退し、失業するリスクが派遣エンジニアに生まれてきました。

②直接雇用のチャンスが増える

原則として最長3年の派遣期間に制限されたことで、登録型の派遣社員として働いていた方の中で、優秀な人材には、囲い込みのために派遣先に直接雇用されるというチャンスが生まれようとしています。

③様々なプロジェクトへチャレンジできるチャンスも増える

前に述べたことに関連しますが、3年で派遣先を変更することが原則ルールになる以上、今までは、同じ派遣先に10年以上常駐、という例も珍しくありませんでしたが、今後は、このようなことができなくなります。

これは、派遣社員には様々なプロジェクトに新しく挑戦するチャンスが生まれる事を意味します。

④キャリアアップの支援が充実

派遣会社に雇用を安定させるよう求められるようになった結果、人材を柔軟に運用できるために、派遣会社が派遣社員に対し、様々なスキルを身に着けるようサポートすることが期待できます。

なんだか派遣期間が最長3年が大きく影響してそうですね。
雇用安定化措置というのもメリットではないでしょうか。

雇用を安定させるための措置がとられた事により、派遣社員が働きやすい環境へとシフトしているのは間違いありません。

最後に

労働者派遣法改正によって、中小を中心にIT派遣会社の経営統合・業界再編が進むと予想されています。

しかし一方で、こうした企業に埋もれている、優秀なSE・ITエンジニアは限られているため、こうした人材の「争奪戦」が大手人材派遣会社を中心に繰り広げられ、ITエンジニアの売り手市場はまだ続くと予想されます。

そして、スキルアップの味方になるか、災いになるかは、派遣はという制度の仕組みをきちんと理解し、メリット、デメリットを把握したうえで効果的に活用できるかどうかにかかっているのです。

-派遣, 転職

人気の記事

1
SEやITエンジニアの転職サービスってどこがおすすめ? 何がちがうの?

転職サービスには、転職エージェントと転職サイトの2種類のサービスがあります。 転 ...

2
SEやITエンジニアの派遣ってどうなの?メリットデメリットを徹底分析!

みなさんはITエンジニアやSE派遣というと、どういうイメージがありますか? かつ ...

3
SEやITエンジニアが転職エージェントを上手く活用する5つの方法

転職エージェントは、人材紹介ともいわれ、企業の求人情報を転職者に紹介し、また、そ ...